クック日誌

ひき逃げにより下半身不随になったクックは毎日頑張っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
出会い・・・
2005年の最終日に処分施設に負傷犬で入った子がいました。
DSC06197.jpg

車に引かれ道路で歩けずに居たところに通報があったようです。
後ろ足が立たず小さな声で痛みを訴えキュンキュンと鳴いていました。
当日はどうすることも出来ず、気になりながら出ました。
本日、施設に行くと暖かな場所に移してもらっていました。
飼主が現れず昨日で期限が切れました。
事故で相当の痛みを伴った上、苦しんでの処分は絶対に避けてあげたい。
とにかく病院へ行くことにしました。
施設で職員さんと一緒に汚れた体を洗ってさっぱりさせてあげ出る前には、お世話をしていた職員さんに「ありがとう」を言いに前足で這いながら近寄って行っていました。
皆が胸を打たれました。
DSC06350.jpg

DSC06355.jpg

そのまま病院へ向かいました。
半身が駄目なので排泄も流れたまま状態でうんちも切れない状態です。
先生の触診が終わりレントゲン・・・
想像していた結果より惨い写真でした。
DSC06378.jpg

DSC06372.jpg

腰から下の脊髄がまっ二つに折れて下に落ちている状態でした。
完全に神経が切れているので手術での回復もないとの事でした。
人間ならショック状態になるほどの大怪我です。
生命力がありました。
DSC06370.jpg

明日から、レントゲンを持って外科専門の病院に走る予定ですが車椅子になると思われます。
排泄も圧迫でしか出来なくなると思います。
でも、私たちは助けてあげたい!!
まだ1歳そこそこの綺麗な瞳を持った子です。
本日は入院していますが1ヶ月は安静状態です。
クックちゃん・♂・推定1歳前後・体重15.7kg
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。