クック日誌

ひき逃げにより下半身不随になったクックは毎日頑張っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
様々な命
最近連続で悲しい出来事ばかりがあり
スタッフ一同なかなか元気が回復しません・・・

11歳という高齢で飼い主に捨てられてしまったゴルの紋次郎君
やっと引き出せたと思ったら、命の灯火ははかなく消えてしまいました

どうして、なんで? やっと助かったのに・・・
そんな悔しさは計り知れないほどですが
心のどこかに、明らかに心疾患を患っていた紋次郎君
間に合って良かった・・・温もりの中で旅立てて良かった
そうも思ってしまいます

沢山のスタッフに見守られ、嘆き悲しんでもらった紋次郎君
悔しいし、悲しいけどそれでも彼は幸せだと思います

紋次郎君をレスキューした時でも、それ以外の日でも
誰にも知られず苦しみ、もがき、殺される運命の子達がいます
いつ命の灯火が消えたのか誰にも知ってもらえる事もなく・・・

本当に行政は10年後には処分数を半分に出来るのでしょうか?
でも私たち個人の力では限界があります
本気で国に動いて欲しいです・・・全力で・・・

先日事務所に新人だけど高齢のビーグルのジィに会いに行きました
毎日対応してるスタッフのお陰で、益々元気そうでした
クックはどうやら気に入らなかったみたいですが(^^ゞ

ジィに偉そうに吠えていたので仮母よりお叱りを受けました
ジィとも仲良くして頑張って生きていこうね
大事な貴方達の命、皆で守っていくからね

20060803025531.jpg

スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。