クック日誌

ひき逃げにより下半身不随になったクックは毎日頑張っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
一歩づつの前進
やっとクックを引き出せて皆で頑張ろうと決めたのに
まだまだ裏切られた子が増えるばかりです

黒ラブのぶどうも必死に闘病生活を送っている
なんでなんだろう・・・
やっと幸せになろうとしてるだけなのに

クックも毎日頑張ってます
後追いも少しづつ減りハウスしても
必死で出ようとはしなくなりました
時間が経てばまた出して遊んでもらえるのを
きっと分かってくれたのね

先住犬とはまだ隔離中ですが少しづつ
犬同士の間で何かが起きています
20060126003920.jpg


もう少し時間が経って動きまわってもいいと
先生にお墨付きをもらったら又挑戦してみようね

もうすぐ譲渡会です
元気な生クックを見てもらえるのが
とても楽しみです
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
昨日のHPを見てパブママと二人「唖然」としました
飼い主自ら処分場に持ち込んだコーギーの「ボン」ちゃん・・・
大阪城公園に捨てられたドーベルマンの「アン」ちゃん・・・
1歳っていえばまだまだ可愛い盛りで楽しいことがこれからたくさんあるのに・・・
悲しいと言うか「悔しい」ですよね
トイプーの「ブラッキー」ちゃんの元飼い主は最低です
怒りがこみ上げてきました
これからもまだまだ「不幸な子」が増えるかもわかりませんが・・・
力を合わせて全ての子が「幸せになれる」ように頑張っていきましょうね
微力ながら協力します
2006/01/26(木) 09:26:07 | URL | らぶパパ #sF5e0jfQ[ 編集]
クックちゃん
おはよう!退院から元気そうでなによりです。クックちゃんは、今の生活にも少しづつ慣れてきているようで良かったですね。

日誌や里親募集を見ていて、あの繁殖場レスキューから始まり、同じ人間として動物の命を命と考えない人達の多さには悲しいと言うより怒りを感じます!譲渡会で会った子達は生きたいと輝いた目をしていました。
何故?何故?自分では生きて行けない子をすてるの?と、問い掛けたいです!
2006/01/26(木) 10:02:10 | URL | Colonママ #-[ 編集]
犬を自分の都合や好みにあわせて、購入する限り、あわなくなれば、物のように捨てるでしょう。日本でも、動物の販売に厳しい規制がかかって欲しいです。
見つけてもらえる子はほんの一握り。幸せになって欲しいです。
2006/01/26(木) 15:52:43 | URL | #8AkA1SrE[ 編集]
杏さんに同感です。
知らない間に悪循環へ加担することの怖さを思います。
いち愛犬家が可哀想な犬達に出来ることは、
繁殖に加担しないことがあると思います。
クックちゃんもぶどうちゃんも、助けてもらえてよかった!
うんと幸せになってね!
2006/01/26(木) 18:08:50 | URL | らんご #-[ 編集]
らぶパパさん
命を物と勘違いしてる人間がいる限り
減らない現実かもしれません
同じ人間である私には、ごめんねとしか
彼らには言う事ができません・・・

Colonママさん
譲渡会に来ていただいた方は本当にびっくりされますね
どうしてこんないい子が捨てられていたのかと
クックも皆も、本当にいい子ばかりです

杏さん
本当にそう思いますね
そして行政でシェルターを運営して欲しいです
その為の税金なら喜んで支払うのに・・・

らんごさん
買う人間がいる以上、売る人間は減らない
そして予定外の事が起きると・・・
このサイクルが無くなる日はくるのでしょうか
せめてこの子達には素敵な犬生を送ってほしいと願っています

2006/01/27(金) 00:56:06 | URL | M #-[ 編集]
いつもARK-ANGELSのHPに来て頂いて有難うございます。また、心ある方々のご意見、ご支援も有難うございます。クックちゃんは、スタッフのMさん宅でお世話を願っていますが、日々生きる実感を味わっているように思います。本当に生きる命を物としか見ていない人間がいる事に憤りさえ感じます。また、命を金で売り買いする者たちがいる事も許せませんね。日本はそれだけ遅れているという事ですね。欧米ではすでに命を売り買いする事はありませんし、愛護団体から不幸な犬たちを引取る精神がしっかりしています。また、引取る資格はカード会社の審査より厳しいと聞いております。早く日本もそういう国になって欲しいと思います。そのためには愛護精神をもって、私たちの活動に参加、賛同して頂き、多くの方々のご支援の下に「小さな命」を救いたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。

ARK-ANGELS
代表 林 俊彦
2006/01/27(金) 01:21:48 | URL | ARK-ANGELS #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。