クック日誌

ひき逃げにより下半身不随になったクックは毎日頑張っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
様々な命
最近連続で悲しい出来事ばかりがあり
スタッフ一同なかなか元気が回復しません・・・

11歳という高齢で飼い主に捨てられてしまったゴルの紋次郎君
やっと引き出せたと思ったら、命の灯火ははかなく消えてしまいました

どうして、なんで? やっと助かったのに・・・
そんな悔しさは計り知れないほどですが
心のどこかに、明らかに心疾患を患っていた紋次郎君
間に合って良かった・・・温もりの中で旅立てて良かった
そうも思ってしまいます

沢山のスタッフに見守られ、嘆き悲しんでもらった紋次郎君
悔しいし、悲しいけどそれでも彼は幸せだと思います

紋次郎君をレスキューした時でも、それ以外の日でも
誰にも知られず苦しみ、もがき、殺される運命の子達がいます
いつ命の灯火が消えたのか誰にも知ってもらえる事もなく・・・

本当に行政は10年後には処分数を半分に出来るのでしょうか?
でも私たち個人の力では限界があります
本気で国に動いて欲しいです・・・全力で・・・

先日事務所に新人だけど高齢のビーグルのジィに会いに行きました
毎日対応してるスタッフのお陰で、益々元気そうでした
クックはどうやら気に入らなかったみたいですが(^^ゞ

ジィに偉そうに吠えていたので仮母よりお叱りを受けました
ジィとも仲良くして頑張って生きていこうね
大事な貴方達の命、皆で守っていくからね

20060803025531.jpg

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
継続?
日本人はどうしてこうもまあ命を大切にしない民族なのかつくづく嫌気がさします。動物を物扱いする、流行に飛びつく浅はかさ、流行はいつかは廃れることも知っているはずなのに。多くの命がこのような軽薄な人間によって奪われていく日々、行政はもっと積極的に行動してほしいのですが、やはり役人。バッチをつけているだけの人がまだまだ多いよう。毎日多くの命が奪われているのは現実。
クールBIZも良いけど、もっと命あるものに対するプロジェクトを掲げてほしい。
2006/08/03(木) 12:54:46 | URL | ハッピーのお母さん #b2.I9V5E[ 編集]
悲しいですね、、、
arkさんのHPの日記でジィちゃんのことも
紋次郎君のことも見せていただきました。
ジィちゃんはビーグル犬ですね、我が家にも
13歳になるばーさんビーグルがいますので
とても他人事とは思えません。
長年一緒に暮らしてきたわんをよくもまあ、
収容施設へ持ち込めるもんだと怒りを通り
越して呆れてしまいました。どんな理由が
あるにせよ、絶対に許せません!!!!
そして紋次郎君、辛い収容施設から出して
もらってほっとしたのも原因の一つかも
しれません。とっても悲しいことだけど
あの中で亡くならなくって本当によかった。
ただそれだけです。
いったい、いつになったら殺処分ゼロの
日がこの国にやってくるのでしょう。
誰にも知られず、表に出ることなく苦しんで
死んでいく彼らたち、、、、
本当に悲しいです。殺処分ゼロを目指して
いらっしゃるarkさんを応援します!!
2006/08/03(木) 22:56:06 | URL | junjun #-[ 編集]
ハッピーのお母さん
日本ってこんな国では無かった気がするんですけどね・・・
ARK-ANGELSの手伝いをしていて、知り合う方々は安心してお話できるのに
近所の飼い主さんとかは、やっぱりかみ合わない方も多いです
ただ命を大切にして欲しいだけなのに、何が難しいと言うのでしょうね・・・

junjunさん
junjunさんのお家にもビーグルちゃんがいるのですね
きっと穏やかな顔をしてるんでしょうね
卑怯な飼い主達は本当に私たちと同じ血が流れているんでしょうかね?
持ち込みだけはどんな理由も許せないです
殺処分0の日は私たちが生きてる時代には正直無理かもしれないけれど
次の世代の子達の時には叶って欲しいですね
2006/08/04(金) 00:48:47 | URL | M #-[ 編集]
ポメラニアンのキコというHPから
ここへたどり着きました。
私は犬が大好きです。
こうやって捨てられていく犬をみると
本当にショックです。
私は犬を一匹飼っています。もし
余裕があったら何匹か引取りたいのですが
今は海外に居るので。
けれど日本に戻ったときは必ず
引き取りたいと思います。
それか募金などをしたいと思っています。

なにかワンちゃんたちの為になりたいです。

活動、これからもあきらめずにがんばってください。

応援してます。

ここのHPを広げていきたいと思います。


2006/08/06(日) 17:50:22 | URL | YT #-[ 編集]
YTさん
はじめまして、仮母のMと申します
コメントをありがとうございました
沢山の方に裏で泣いてる動物達の存在を知って欲しいです
今後共どうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
2006/08/07(月) 00:30:22 | URL | M #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。